關於部落格
娃娃相關已轉至:
γ星雲第ⅩⅩⅠ號行星
◈光速是本命◈Sound Horizon國民◈UL瘋狂中毒中
噗浪常駐,有是直接留言比較快喔
因為設定為私密所以家好友前請先通知
推荐大感謝>///<
  • 94254

    累積人氣

  • 2

    今日人氣

    22

    追蹤人氣

【Märchen】08.磔刑の聖女

磔刑の聖女
憤怒<Zorn>


「参詣の途絶えたKirche。旅歩きのGeige Spieler
御像となった磔の聖女。
君は何故、この境界を越えてしまったのか。
さぁ、唄ってごらん」


「さぁ、お父上がお待ちです」
鈍色の足取り        決意で進める
背中に風を感じて        一度だけ振り返る

宵闇の匂いは        不思議と懐かしく
背中を押してくれる        そう        そんな気さえしたわ

押し寄せる        悲しみに        独り震えて     
   
指でなぞる        遥か遠い約束
沸き上がる        憎しみの        脆く歪な     
   
刻の果てに        闇を見つめ接吻<くちづけ>
嗚呼        虚ろな儘        移ろう儘        歪な       
 
嗚呼
        罪を集め接吻<くちづけ>

        でも        忘れられない  
             憶いだせない

「殿下、お嬢様をお連れいたしました」(飛田展男)
Elisabeth。喜べ!お前の結婚相手が決まったぞ!
求婚してきたのはRhein Pfalzだ。
行き遅れには願ってもない相手だろう?」(中村悠一
「お言葉ですがお兄様」(Joelle
「お父様と呼べと何度言ったら分かるんだ」(中村悠一
「いいえお兄様、私はどなたのもとにも嫁ぐ気はございません!」(Joelle

愛を偽って生きるくらいなら
真実と共に死すことも厭わないわ

二人で見つけた野ばらが
君を包むことを願って墓標の周りに植えたけど
結局        遂の遂まで咲く事はなかったね……
月光に恋をした鳥籠の白い鳥は、
地に堕ちると知りながら、最期まで羽ばたくよ。

だからこそ宵闇に唄うのは、憾みの唄じゃないわ……
Walter、お前と母上が身分を偽ってまで守ろうとした
ものの結果がこれだ」
「殿下
「この馬鹿娘を磔にしろ」
「殿下!」


「成る程 それで君は磔にされた訳だね。
一途な想いを貫くのも結構だ。
果たして彼は、君の死と引き換えてまで、
本当にそれを望むのかな?
まあいい。さぁ、復讐劇を始めようか」


「いえ。私は、そんなことを望んでなどいないわ。
人にはそれぞれ、背負うべき立場と、運命がある。
貴方が会いに来てくれた。私にはそれだけで十分。
ねえ、本当に覚えていないの?今尚眩い、あの日々さえも」


私、今とてもドキドキしているわ。
 ――だって森は、世界はこんなに広いんですもの! 

「綺麗なお花。」
「わぁ、本当」
「つけてあげるよ。」
「本当?可愛くしてね。」
「似合うよ。」
「本当?」

「メル 絶対、絶対迎えにきてね!」
「ああ、約束さ」

「メル、そんなになってまで、約束を守ってくれたのね」


<ひかり>を無くした君を縛る        冷たい鎖は
「おお」「聖女様」「なんとか

「???であったか」「これならば、???」
<ひかり>を亡くした        君を想う二人の愛憎

鳥は空へ        屍体は土へ        摂理<かみ>を裏切り続けた
夜は明けて        終わりの朝へ        次の別離こそ永遠――

でも

後悔などしていないわ      嗚呼      これが   私の人生
《門閥貴族の令嬢》<von Wettin>      
でも   《七選帝侯の息女》<von Sachsen>       

 でもないわ        私は《一人の女》<Elisabeth>
        君だけを愛した……

唯のElisabeth


「ナニヨメル、サッキカラオカシイワヨ、ドウシチャッタノ?
アンナ女ノ言ウコト、真ニ受ケチャダメヨ!
モウ忘レマショ!
復讐ヲ続ケナキャイケナイワ。
例エ何ガアッタトシテモ。ソレガ私達ノ存在理由デショ!?
ネェ、本当ニ分カッテルノ!?メル。」

「アアァ!モウ!ドウシテ分カッテクレナイノ!?メルノ分カラズ屋!
今ハモウ、私ダケガ貴方ノエリーゼナノヨ!?
コレマデ楽シクヤッテキタジャナイ!
二人デ色ンナ復讐、手伝ッテキジャナイ!!
コレカラモキット楽シイワ。ソウヨ、ソウニ決マッテイルワ。
貴方ニハ私ガ、私ニハ貴方ガイルモノ!コノママ続ケヨウヨ!
ズット二人デ続ケヨウヨ!ネェ!!
ズット、ズットズットズット続ケヨウヨ!!
コノ世界ガ終ワルマデ、ウウン!コノ世界ガ終ワッテモ、
ズットズット一緒ニイヨウヨ!ネェ、メル、イヤヨメル、
イヤ、イヤイヤイヤアァ!!オ願イメル、メルイヤアアアアァ!!!」



「もう、いいんだよ。エリーゼ。」

 

 

 


 

08.被釘死的聖女(憂鬱聖女)

憤怒<Zorn>

 

“無人參拜的教堂<Kirche> 徒步上路的小提琴手<Geige Spieler>

被吊在十字架上,變成神像的聖女。

你為何,越過了這個界限呢

…來,唱給我聽聽吧”

 

 

 

“來吧,父親大人在等你”

 

深灰色的腳步

相簿設定
標籤設定
相簿狀態