關於部落格
娃娃相關已轉至:
γ星雲第ⅩⅩⅠ號行星
◈光速是本命◈Sound Horizon國民◈UL瘋狂中毒中
噗浪常駐,有是直接留言比較快喔
因為設定為私密所以家好友前請先通知
推荐大感謝>///<
  • 93851

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    23

    追蹤人氣

【Märchen】03.黒き女將の宿

黒き女將の宿

強欲<Geiz>


「宵闇の風に揺れる 愉快な黒いブランコ」


ぶらん。ぶらん。風吹きゃ ぶらん。
踊るよ、黒いぶらんこ……


「君は何故この境界を越えてしまったのか
さぁ、唄ってごらん」

おらは貧しい村に生まれ        いっつも腹を空かせてた
お菓子で出来た家があったら        あったら本当に良かんべなぁ

人は信仰によってのみ救われる」と

偉い坊さんが言ったとさ        本っていうのに書いたとさ
神様が助けてくれるなら        たらふく飯<おまんま>食えっぺな

お父達は鎌を手に        出掛けて行った
その日の空の色        哀しい程に朱く……

「みんなの為だ」
「これも、みんなの家族の為だからな」
「んだ」「みんな、いくぞー!」

「~~だからな」
「心配さするでねぇぞ」
「馬鹿な真似すんじゃねぇっ」

「~~、おら、やるぞー!」

「みんな、行くどー!」
「ゲーフェンバウアー将軍に、続けェ!」


   
大砲が吼えりゃ 「翼もないのに」 
人が空を飛び 「軽やかに高く」 

戦争とは名ばかりの 唯の殺戮さ

嗚呼 武器が農具じゃ 「残念だけれど」 
射程が短か過ぎた 「残酷な程に」 
戦争とは名ばかりの 唯の殺戮さ



村の働き手は        結局その殆どが        二度とは帰って来なかった……

そしておらは、遠くの町へと売られた。


<Von unbekanten Alter und Geschlecht. Begegnen verheißen Pech.

an Leben ist mehr schlecht als recht.

Der Gasthof der Verdächte "黒狐亭".>
年齢不詳。性別も不詳。出遇えば不祥。正に人生の負傷。
胡散臭い女将が、夜な夜な暗躍する宿屋。
その名を【黒狐亭】という!


「薹が立って久しい、クソババアが独り。
図太く生きてゆくには、綺麗事ばかりじゃ……ないわよっ!」
「愛した男は、皆儚く散った。
運が悪いのか、時代が悪いのか……

「嗚呼【Müntzer】は気高く、
Hutten】は華麗で、
Sickingen】は、嗚呼、誰よりも激しかったわ
「おう、邪魔をするぞ」(CV.大川透)
「邪魔するなら帰れ」(CV.REMI

「女将さん、女将さん!おい、クソババア!」(CV.REMI
「なぁにぃよぉ」(CV.Jimang
「お客様がお待ちになってやがりますでよ」(CV.REMI
「もうぅ、うるさいわねぇ!
 今せっかく良いところだったのにぃ!」(CV.Jimang
「あのなぁ!」(CV.大川透)


「あんたのような田舎っぺ、「なっ!?」(CV.大川透)
拾ってやったのは、「んあ?」(CV.REMI
何処の誰かしら?口の利き方にゃ……気をつけなさいっ!」
「わーかったっつってるべー」(CV.REMI

「さぁさ、旦那、どうぞ。温い麦酒<Bier>は如何?」

「うーん」(CV.大川透)
「うめぇだよ」(CV.REMI

自慢の最高な肝臓料理<gute Leber Kochen>、ご用意致しましょう」
「ふむ、なるほど、うん、ようし貰おう!」(CV.大川透)
「アッーーチョッ失礼!」(CV.Jimang

「おぉう」(CV.REMI

宵闇へ        飛び出した        女将を睨み
客は怒り おらは平謝り
「まてぇ」(CV.REMI
「オイオイ、どうなってるんだ!?
仮にもここは酒場だろう!?」(
CV.大川透)
「何言ってんだぁ、ここは宿場だぁ。すまねぇなぁ」(CV.REMI

――
そして小一時間後

空気読まず        出戻った        女将の手には
贖罪の        新鮮な食材
「皆さぁ~ん」(CV.Jimang
「わー」(CV.REMI) 
「出た! 何処行ってた!」(
CV.大川透)
「お・ま・た~! 産地直送のレバーよぉ~!」(CV.Jimang
「こりゃすごい」(CV.大川透) 
「わーすげぇ」(
CV.REMI
「ひゃっひゃっひゃっひゃっ!」(CV.Jimang


その味に        怒り狂った客も        機嫌を直した
その事で        味を占めた女将の        暴走は続く……
「いやあ美味かった!ああ、素晴らしい!」(CV.大川透)

「んだんだ」(CV.REMI

こんな田舎でここまでの料理が食えるとは、ハッハッハ」(CV.大川透)
「こんな田舎で悪かったな」(CV.REMI


「オーッホッホッホッホ!
屍体が無いなら作ればいいじゃなーい?
おらもう嫌だあ、貧しいのはあひもじいのは 
あんな惨めな思いはもういやあああぁ!」(CV.Jimang


「必死に生きたけど、ロクなことがねぇ。
結局、人生って何だべよく分かんねぇ……




「成る程、それで君は吊された訳だね。残念ながら身に覚えのない罪で。
それが事実であれ、虚構であれ、取られたものは取り返すものさ。
さぁ、復讐劇を始めようか!」(CV.Revo


とんとん        とんとん        扉をとんとん
とんとん        とんとん        扉をとんとん
とんとん        とんとん        扉をとんとん

躍るよ黒い

「おらの肝臓を返せぇぇ」(CV.REMI

                        

「ぎゃあああああああぁ!」(CV.Jimang



「楽して儲けようとしても、中上手く行かないものだねぇ
「あんな杜撰な計画、上手く行く方がおかしいのよぉ。ウフフフフフ!」

黒き女將の宿

強欲<Geiz>

「宵闇の風に揺れる 愉快な黒いブランコ」


ぶらん。ぶらん。風吹きゃ ぶらん。
踊るよ、黒いぶらんこ……

「君は何故この境界を越えてしまったのか
さぁ、唄ってごらん」

おらは貧しい村に生まれ     いっつも腹を空かせてた
お菓子で出来た家があったら      あったら本当に良かんべなぁ


人は信仰によってのみ救われる」と

偉い坊さんが言ったとさ      本っていうのに書いたとさ
神様が助けてくれるなら      たらふく飯<おまんま>食えっぺな

お父達は鎌を手に      出掛けて行った
その日の空の色      哀しい程に朱く

相簿設定
標籤設定
相簿狀態