境界構築式

關於部落格
娃娃相關已轉至:
γ星雲第ⅩⅩⅠ號行星
◈光速是本命◈Sound Horizon國民◈UL瘋狂中毒中
噗浪常駐,有是直接留言比較快喔
因為設定為私密所以家好友前請先通知
推荐大感謝>///<
  • 93611

    累積人氣

  • 1

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

【Märchen】02.火刑の魔女


火刑の魔女

 

暴食<Völlerei―>

 

「罪を待つ歪な祭壇
神に捧げられた屍
君は何故、この境界を越えてしまったのか

さぁ、唄ってごらん。」


幽かな記憶の        糸を手繰るように                
仄昏い森へ        足を踏み入れた            

幼い記憶の        途を辿るように       
入り組んだ森の        奥へと進んだ

小川を渡り        お化け樅の木を左へと
其処に佇む        私の生家


物心ついた時には、既に父の消息は不明で、
私と母は何時も二人、とても貧しい暮らしだった。
井戸に毒を入れた等と、謂われなき罪で虐げられる事も多く、
私にとって友達と言えるのは、森の動物達だけだった……
(出てけー!出てけ!気持ち悪いんだよ!)


それでも     嗚呼     ねぇ     お母さん<mutti>     私は幸せだったよ
その理由を     ねぇ     知ってた?      貴女が一緒だったから
それなのに     何故     母は     私を捨てたのか?
どうしても     それが     知りたくて……


小さな私を拾ってくれたのは       大きな街にある修道院だった
けれど        激しく吹き荒れた改革の嵐と
新教徒達の手によって        嗚呼        無惨にも破壊された

「堕落した聖職者共を、一掃するのだ!」
「町境の聖堂台を打ち壊せ!真の信仰を我らの手で!!」


人生は数奇のもの        運命は判らないから
ひとつの終わりは        新しい始まりと信じて        勇気を持って
積年の疑問を        解く為に        故郷を探す        旅を始めた

小川を渡り        お化け樅の木を左へと
其処に佇む        私の生家


私の来訪を待っていたのは、石のように歳を取った老婆で、
まるで見知らぬその女性が、母であるとは俄には信じ難く、
<わたし>であると気付く事もなく、唯、食料を貪る母の瞳は、
既に正気を失っているように思えた。

そして……

「ただいま、お母さん」
「おお。聖人様の遣いの方。よくきてくださった。」
「御口に合いましたか」
「幾らでも食べられるのぉ!」
「嗚呼、私が誰だか判らないのですか!?」
「何を訳の判らないことを言ってるんだいお前も私を差別するのか! 
寄越せ!もっと食い物を寄越せ!」

「きゃああああああ!」


改宗したけれど時は既に遅く、
一人の食い扶持さえもう侭ならなかった。
懺悔を嗤う逆十字。
祈りは届かない。
赦しも得られぬまま、罪だけが増えてゆく……


「成る程
それで君は、祀られてしまった訳だね?不本意ながら。
時間は掛かるが、子供の憾みは子供が晴らすものさ
宜しいかな?

さぁ、復讐劇を始めようか。」

 


森に置き去りにされた     可哀想な兄妹<子供達>
捨てられた子の     悲しい気持ちは     痛いほど解るわ
嗚呼 鳥達を操り      パン屑の道標を消し
真雪のように     真っ白な鳥に     歌わせて誘った
(「パン屑が食べられている」
「あっ!ねぇ、お兄ちゃん、面白い鳥がいるわ!」
「本当だ。追いかけてみよう!」)


「見て、【Hänsel】お兄ちゃん。ほら、あそこに家があるわ!」
「でも、【Gretel】それは、怖い魔女の家かも知れない……けど」
「けど?」

「腹ぺこで……死ぬよりましさ!」「死ぬよりましね!」


「「誰かいませんか?」」


「おやまぁ、可愛いお客様だこと。腹が減ってるのかい?
さぁ、中へお入り」


「屋根は焼き菓子<Lebkuchen>。窓は白砂糖。
お菓子の美味しい家を、栫えてあげようかねぇ!」
嗚呼        遠慮はいらないよ
子供に腹一杯食べさせるのが        私のささやかな夢だった
嗚呼        金貸しだった夫は        生きては帰らなかったけど
幾許かの遺産を託けてくれていた……

 


老婆の好意に     無償の行為に     甘えた兄妹<二人>     食べ続けた
少女はある日     太った     少年を見て     怖くなった

「うまい!うまい!Gretelも食べなよ!」
「うん!美味しいね、お兄ちゃん」

「うまい!」
「お、お兄ちゃん!?」
「うまい!Gretel、要らないんだったら、お前の分もくれよ」


「嗚呼、老婆は魔女で、二人を食べちゃう心算なんだわ!」


殺られる前に     殺らなきゃ     ヤ・バ・イ!
背中を     ドン!         蹴飛ばせ!

「うわぁぁぁぁぁ

「私達を食べようだなんて、そうはいかないんだからね」
「すごいぞグレーテル。これで魔女もおしまいさ」
「お隣のTomasにも自慢してやらなきゃね!」
「ああ、悪い魔女は火あぶりだ。これでこの家は」
「「私(僕)達のもの」」

「おーい、Tom
Tom!」
「よお、Hans!ってお前、何でそんな太ってんだ?」
「「じゃっじゃーん」」
「うっひょー!、ひょー!こいつはついてるぜ!」
「きゃっきゃうふふ」


「森に住む孤独な老婆は、全て魔女なんだそうだよ」
「モゥ、子供ナンテ図シクテ嘘吐キデ、私ハ大嫌イ。アハハハハハ!



 

相簿設定
標籤設定
相簿狀態