境界構築式

關於部落格
娃娃相關已轉至:
γ星雲第ⅩⅩⅠ號行星
◈光速是本命◈Sound Horizon國民◈UL瘋狂中毒中
噗浪常駐,有是直接留言比較快喔
因為設定為私密所以家好友前請先通知
推荐大感謝>///<
  • 93611

    累積人氣

  • 1

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

θ イドへ至る森へ至るイド θ この狭い鳥籠の中で


2.
この狭い鳥籠の中で

四角く切り取られた空 幼き日の私の世界
窓辺に降り立った君は 月光のように 優しく笑った……

Maerz von Ludowing ←→ Elisabeth von Wettin
運命は結ばれることのない二人を、
無慈悲なその手で引き合わせてしまった……

冷たい土の下に 埋められたはずの
歴史の闇の中に 葬られたはずの
陰の存在

友達が欲しかったけど それがどんな物か 知らなかったよ……

無明の刻の果てに 暴かれるままの
「もっと急ぎなさい!」
「御意!ぐっ」

葦毛の馬の背なに 摇らされるままの
「もっと急ぎなさい!」
「御意!しっかりとおつかまり下さい!」

弱き存在

鳥籠の中にいる事 それがどんな事か 知らなかったよ
君に遇うまでは 寂しさの色も 愛しさの意味も 知らなかったよ

君は——
嗚呼 私だけの翼(Fittich) 外に広がる世界を
嗚呼 優しい君の瞳(xxx) 教えてくれた

鬱蒼と生い茂る夜の森 足下に綺麗な花を 頭上に星屑散りばめて 
二人は笑った……

「ほら見て」
「わぁ、なに~?」
「綺麗なお花。」
「わぁ、本当」
「つけてあげるよ。」
「本当?可愛くしてね。」
「似合うよ。」
「本当、嬉しい!」
「じゃぁ今度はあっちへ行こう!」
「うん!」

どんな幸福な出逢いにも 別離の日がある
そして それは突然訪れる 斜陽の接吻

Maerz、この森にも長居し過ぎました。もうそろそろ
「母上」
「何かしら?」
「最後に、せめて友達にお別れが言いたいのですが」
「わかりました、あの子なら特別に許しましょう。さあ、行っておいでなさい」
「はい、行って参ります!」
「闇を背負うのは私で終わり。あなたは光の中へおゆきなさい

「せめて私の代わりに、この娘()を一緒に連れていってね」

Maerz、絶対、絶対迎えできてね?」
「あぁ、約束さ

「森の賢者は魔女として火刑台に上った、後に私は彼の死を知る

無情に流れる時がもたらしたものは
嗚呼 君の居ない灰色の季節と 唯 望みもしない婚礼
現在(いま) 水面に揺れる面影 すり抜ける過去の幻燈(ひかり)

衝動(Id)は枯れるまで 情欲(Id)を湛えるけど
自我(Ego)は知っている 《彼以外もう愛せない》と

狭い鳥籠の中 翼を亡くした この世界で
地に墜ちるその刻まで 月光のように 羽ばたいてみせよう……

「弱き者、拒絶され、世界から虐げられた者同士が、
 傷を舐め合っただけの幼い恋だと、キミは笑うだろうか?」

やがて疾りだす 夜の復讐劇 【第七の地平線】 物語は続く……

「さぁ、お父上はお待ちです

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2。在這狹小的鳥籠之中

被切成四方一塊的天空 就是我童年時代的世界
從窗邊跳入屋內的你 像月光一樣溫和地笑了……

Maerz von Ludowing ←→ Elisabeth von Wettin
命運冷酷地 將無緣共度此生的兩人的手牽到了一起……

那本應被埋在 冰冷泥土之下的
那本應被葬在 歷史陰影之中的
幽暗存在

儘管渴望有個朋友 可我連朋友是什麼都不清楚……

在迷茫時間的盡頭 只是暴露無助的
再快点!”“遵命!驾!
在五花馬兒的背上 只是隨波逐流的
再快点!”“遵命!驾!
弱小存在

在鳥籠之中 這究竟是怎樣的處境 我並不知道
在遇到你之前 無論寂寞的顏色 還是愛的意義 我都完全未曾知曉

你是——
啊 只屬於我的翅膀(Fittich) 將我帶向外面的廣闊天地
啊 你那溫和的眼睛(xxx) 就告訴了我這一切的事情

在鬱鬱蔥蔥的夜下 森林腳邊盛開著美麗的花朵 頭頂灑下星塵無數
我們笑著……

看呀。
哇,什么?
好漂亮的花呀。
呀,真的。
让我给你戴上吧。
真的?会很可爱吧。
很适合你呀。
我太高兴了!

相簿設定
標籤設定
相簿狀態