關於部落格
娃娃相關已轉至:
γ星雲第ⅩⅩⅠ號行星
◈光速是本命◈Sound Horizon國民◈UL瘋狂中毒中
噗浪常駐,有是直接留言比較快喔
因為設定為私密所以家好友前請先通知
推荐大感謝>///<
  • 94490

    累積人氣

  • 6

    今日人氣

    22

    追蹤人氣

θ イドへ至る森へ至るイド θ 光と闇の童話

 


1.
光と闇の童話

——そして歴史だけが殘った……(Und nur die  Risse ist uebriggeblieben...)

「待てよ
「遅いよ、お兄さん!」
……痛かったな~」
「おい、井戸から何を出した

【光と闇の童話】(Das Maerchen des Lichtes und Dunkles)

……、足元に気をつけて」
「うん」
「大丈夫?怖くないかい?」
「えぇ、それより私今とてもドキドキしているわ。だって森が、世界がこんなに広いんですもの!」
「じゃあ、今日はとっておきの場所を教えてあげるね。行こう!」
「うん!」

3 2 1(Drei Zwei Eins)

見上げれば丸い夜空 揺らめく蒼い月夜
神の名を呪いながら 奈落の底で唄う……

盲いた闇で彼が 光だと思っていたのは 誤りで
その溫もりの名は 愛だと 後に知った

初めての友達は 碧い瞳の可愛い女の子(Maedchen) お別れさ
その切なさの名が 戀だと 遂に知らず

花に水を遣るように 儘 罪には罰が要る 嗚呼
やがて《迎宵》(Guten Abend) 疾しる《第七の物語》(Sieben Maerchen)
摂理(かみ)に背を向けて——

3 2 1(Drei Zwei Eins)

見下ろせば昏い大地 揺らめく紅い焔尾(ほのお)
母の瞳に抱かれながら 奈落の底へ墮ちる……

「寂れた村まるで墓場だうふふ
Elise…童話は何刻だって、墓場から始まるものさ

<何故 コノ村ニハ 今 誰モイナイノ?) (——其れは 昔 皆 死んじゃったからさ>
<ジャ何故 昔 村人 皆 死ンジャッタノ?) (——其れは 黒き 死の 病 のせいさ>
<ジャ何故 ソノ森ノ 村に 母子ハイタノ?) (——其れは 或の【イド】が 呼んだからさ>
<ジャ何故 【イド】ハ 何ノ為ニ 人ヲ呼ブノ?) (——其れこそが 奴の本能だからさ>

嗚呼 必死に 墓穴 掘っても 墓穴 キリがない 墓穴 
(墓穴 掘っても掘っても掘っても必死に掘ってもキリがない) 「悲慘な時代さ」
嗚呼 土地 死骸 土地 死骸 土地 死骸 
(嗚呼  死骸と土塊 死骸と土塊 死骸と土との)  
多層菓子(Mille Feuille) 
「無慘な事態さ」

      《生キル事》
生命の目的は
      《増エル事》

殺せ/ 侵せ/【イド】は唄う

「殖えすぎかな?結局宿主を殺してしまうのよね、うふふ
「人と大地の関係と同じさ。さぁ、物語を続けようか

【仄昏く宵闇の[森]】(Der Wald, Der abend xxx)

「あのなぁ、本當にこっちにいいのな?」
「さぁ~な、書き渋かよ」
「たく~よ、君の……本當に……
「とお!あのガキ、噂の……のガキじゃないか」
「おお!こいつは使かてるぜ!」
「なぁ!」

夜露に濡れた 苔藻を踏み鳴らす 少年の
その足取は 哀しい程に軽く 少年を

呼び止めた聲は 下卑た響きで されど彼はまだ知らない
嗚呼 世界の作為など 世間の悪意など 何ひとつ觸れぬまま育ったから

「もし坊ちゃん?」
「あっ」
「我は賢女殿に用事があってやって來たのですが」
「坊ちゃんにご一緒させてもらってもよろしいでしょうか?」
「もちろんかまいませんが。それでは僕が母のもとへご案內いたしましょう」

友達を抱いたまま 招かざる客を連れ 優しい母の元へと そして

見渡せば——

「母さん、ただいま戻りました」
「おかえりなさ!?その男は何も
「坊ちゃん、禦苦労さんっ!!」
「うわぁああああ!」
Maerz!」
「フッヒヒ ほれお友達だ、ぞっと!」
Therese von Ludowing 墮ちても方伯(Landgraf)の血です!
 その醜い頭、二度と胴體の上に君臨出來ぬ物と思え!」
「マジかよ」
「待て、待て、待て、待て」
「喚くな!!」
「安心なさい——あっ!?」
「手間掛けさせんじゃねぇよ!」


鳥に羽が有るように 儘 夜には唄が在る 嗚呼 
いずれ《迎暁》(Guten Morgen) 染まる《薔薇の庭園》(Rosengarten)

相簿設定
標籤設定
相簿狀態